Fenrir Designers

133
新卒のときに出会った大切な言葉

新卒のときに出会った大切な言葉

はじめまして、こんにちは。 わたしはブランディングに関わる仕事をしている社会人2年目です。 ついこの前入社したと思っていたのに、あっという間に1年以上が過ぎていて月日が経つのははやいなあと驚いています。 ふと今年の夏に新卒での出来事を少し振り返ってみると、大切なある言葉との出会いを思い出しました。 それは「木をみるのではなく、森をみる」という言葉。 この言葉に出会ったきっかけや自分にとってなぜ大切なのかを話していきたいと思います。 木をみるのではなく、森をみるこの

スキ
10
TOAワールド・ショーケース2021東京編を視聴しました。

TOAワールド・ショーケース2021東京編を視聴しました。

こんにちは!フェンリルSD部の籾谷です! 先月、オンラインで開催されましたTOAワールド・ショーケース2021東京編を視聴しました。今回はそれを視聴した感想と内容の一部を紹介したいと思います。 TOAとは…TOAとは、毎年ベルリンで開催されるイノベーションをテーマにしたテック・カンファレンスです。2012年のクラウドファンディングでスタートし、今年で4年目。4年目は、2日間オンラインで開催されました。 miroを使った意見交換や、リアルタイムでの情報共有、グラレコ配信、

スキ
12
CES2021 美容や健康テクノロジーも進化!「私が欲しい!女性の間で話題になりそうなサービス」

CES2021 美容や健康テクノロジーも進化!「私が欲しい!女性の間で話題になりそうなサービス」

こんにちは、2020年新卒フェンリル入社のもみたにです。 皆さんCESをご存知でしょうか? CESとは、先進的な技術や商品が発表される世界最大のテクノロジー展です。家電見本市とよく紹介されていますが、今や家電に止まらず様々なものが発表される展示会となっています。スマートシティや自動運転技術、5GやAI、VR/ARなど様々なテックワードが毎年飛び交います。 CES2021では「スマートシティやデジタルヘルス、ロボットとドローン、5G、DX、自動運転技術、スマートシティ」な

スキ
14
新しい暮らしのデザイン

新しい暮らしのデザイン

これは フェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 25日目の記事です。 2020年は、シゴトもリモートワークとなり、休日もあそびに出かけなくなり、とても長い時間おうちで過ごすことになりました。こんなにずっとおうちで過ごしたのは人生で初めての経験です。 あぁ…時間があったらやりたいのにな・・・というなにげによくつかってたこのコトバ。 もう使えません。時間は有り余るくらいたっぷりあったので、かたっぱしからやっていくことに。 ・長時間かか

スキ
16
そういうことにしておこう

そういうことにしておこう

これは フェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 24日目の記事です。 「日本ではクリスマスになると国民全員がケンタッキーフライドチキンを食べるんですよ!」 昨年のこの時季、英国の公共放送BBCのアプリで「BBC World Service」を聞いていたら、リポーターがそう報じていた。何の根拠があってそんな嘘八百を世界中に広めやがるんだ、と思ったものだ。 でも今は違う。そういうことにしておこう。そのほうが面白いから。 この、「そうい

スキ
25
YUX (焼肉ユーザーエクスペリエンス)もSDGsを!?

YUX (焼肉ユーザーエクスペリエンス)もSDGsを!?

いやー...、一年終わりますね。早! 「これは フェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 23日目の記事です。」 フェンリルって?? あ... 会社です。 デザイン部門のメンバーが60名以上いまして、 いろいろなスキルを持っている方に恵まれております。 (まだまだ、おもしろい方募集中) 今年もYUX(焼肉 ユーザー エクスペリエンス...よいユーザーエクスペリエンス) について書かせていただこうと思います。 本年は、コロナで生活が変

スキ
20
掃除はデザインを変える

掃除はデザインを変える

これは フェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 22日目の記事です。 こんにちは。フェンリルでデザイナーをしている、やまもとえみです。 特にUI(ユーザーインターフェース)デザインが好きで、どうやったら気分良く色んな人が長く使ってくれるのか?を日々考えています。 さて、アドベントカレンダーはクリスマスに向かってワクワクしていく企画ですが、とても残念なことを言うと25日を過ぎるとあっというまに年末です。6日しか残りません。 皆さんは年

スキ
24
働き方のデザイン: 朝一の30分の使い方

働き方のデザイン: 朝一の30分の使い方

これはフェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 21日目の記事です。 新しい職場にもリモートワークにも慣れ始めた今年の9月ごろ、家で集中して仕事ができないというスランプに陥りました。それを機に考えるようになったのが、リモート環境における働き方や時間との向き合い方です。 課題の解決はまさにデザインだと思い立って、9月以降、いろんな働き方を考えて実践してきました。その中で、なんとなくルーティンとして固まりつつある、始業からの30分の使い方を

スキ
15
オンライン時代の “伝わる”文章コミュニケーション

オンライン時代の “伝わる”文章コミュニケーション

これは フェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 18日目の記事です。 実家に住んでいたころ、家族の洗濯物をたたんで各タンスに振り分ける役目を担っていた私は、家族からたびたび「私のブラウスは?」「俺のグンゼは!」などと、まるで盗人かのように洗濯物の行方を問い詰められることがあった。 ある日、お気に入りのタートルネックを探していた母が、例外なく尋問するテンションで迫ってきた。 「タートルネックのお母さんどこ?!」 心のなかで「それはあ

スキ
24
想像だけで描かない

想像だけで描かない

これは フェンリル デザインとテクノロジー Advent Calendar 2020 17日目の記事です。 はじめに私は大学受験のために絵を学べる塾、通称「画塾」へ約10ヶ月間通い、静物デッサンを学びました。その画塾はいわゆる体育会系で、外を走ったり、替え歌をつくって踊ったり、煮干しを食べさせられたり、今振り返るとおかしなところがたくさんありましたがそのお話はまたどこかで…。今回はそんな画塾で得たことを綴っていきたいと思います。 モチーフと友達になる この日もいつも通りモ

スキ
22